夏休み最後の夏休み

26、27日と連休させて頂きまして家族旅行に行ってきました

例年7月の夏休みに入ってすぐに行くのですが上の子の部活などで今年は夏休み最後に

一泊なのでおなじみの箱根へ

3時間ほどで到着

まずはいつものユネッサン

さすがにかれこれ5~6回行ってるんで昼過ぎには出てホテルのチェックイン前に箱根で話題のスポットに

芦ノ湖畔のベーカリー&テーブル箱根へ視察(?)

外の席は足湯付!



「これがうまそうだな…」とか

夏休み後半とはいえかなりの賑わいでした

今回の宿泊は

ここ




鴨もいて

定番の鯉にエサやり


翌日は沼津まで足を延ばしこれまた話題の深海水族館へ



シーラカンスには特に興味ないようでしたが

でか

ダイオウグソクムシにはちょっと食いつき(↑これ生きてます、たぶん)



マニアにはたまらない…らしい…


水族館はともかく周りの飲食店がすごい

港であり、市場であり、観光地にもなっております

海鮮を売りにした飲食店が軒を連ね、有料ですが(200円/1h)駐車場もたくさんあり観光客が次から次へと押し寄せておりました。これは意外!

ダイオウグソクムシがいなければ来なかったはずの沼津港でしたが新たな発見

これはもしや海の街鴨川の新たな観光のモデルケースになるのではないでしょうか?

ダイオウグソクムシよりシャチやイルカやマンボウがいるのにお盆が終わり即効閑散としてしまった鴨川に比べ、今なお駐車場待ちの行列が出来るくらい観光客が押し寄せてる漁港

学ぶべきところがあるような気がしました


観光地としてもう一つ

前日の湯本で一日限定で河原でやっていた小さな夏祭り

なんでも湯本の旅館やら色んな職の若い方々が忙しい中30分でも一時間でも出てきてみんなで協力して運営し湯本が一つになろうというコンセプトで行われたそうで(スタッフが熱く語ってました)

こんな大きな人気の観光地でも若い人たちが危機感もってやってるんだなあ~と耳をダンボにして話を聞いてました

色んな屋台が並ぶ中夕食を控えてたので食べ物はガマンして娘は

ネイルとかやってもらってました



夏の最後にちょっとした息抜きと大きな勉強をさせてもらった旅行でした














海辺のカフェ EBIYA.CAFE Kamogawa

道の駅「鴨川オーシャンパーク」並びの海辺のカフェです。目の前の太平洋を眺めながら房総の伊勢海老、オリジナルカレー、スイーツをお楽しみください。 おすすめメニューは新鮮な房総の伊勢海老を使った「伊勢えびカレー」と自家製のシフォンケーキが入った「季節のパフェ」です。 夜は居酒屋ダイニングとして昼のメニューに加えアラカルトメニューやお酒も充実してます。 海を臨むテラスルームはワンちゃんOKです。